You are here: Home > >

離婚の財産分与について

財産分与とは、離婚する際にお互いが築いた財産を分与するということです。

婚姻期間中のお金というのは夫婦二人のものとなります。

収入を得ない専業主婦であっても、夫の得た収入というのは二人で共同で形成されたものとみなされます。

名義が異なる場合でも共有財産として、離婚の際に財産分与する形となります。

ただし、離婚原因を作った側は慰謝料が差し引かれて少なくなる場合もあります。

慰謝料の請求が出来ない場合でも、財産分与は請求することができます。

対象となる財産として、現金・預貯金・車・家財道具・不動産・退職金年金があります。

最近では、年金も財産分与できるようになりました。

婚姻期間中に支払った保険料は、妻が専業主婦であった場合にはその期間の厚生年金の2分の1が妻に支払われる形になります。

これにより、中高年層の離婚件数というのは近年著しく伸びています。

しかし誤解されている方がいますが受給年齢に達していないと年金はもらえませんので注意が必要となります。

離婚後に財産分与を請求する期間は、2年となります。

その期間を過ぎると請求できなくなりますので、出来るだけ離婚前に協議し出来るだけ早く請求することが良いとされています。

離婚後の生活でいくつか課題となってくることがあります。

母子家庭の場合ですと金銭的にも大変になりますので、離婚を決めた場合には、慰謝料や養育費だけではなく財産分与もしっかりと行うことで安定して生活を送ることが出来ます。

感情的にならず相手をしっかりと手続きをしていくことが必要です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans